· 

知人のホームページ作成Webサイト開設して学んだこと…

知人から

 

「娘がサロン店をオープンしたので、ホームページを作って欲しい」

 

と、相談をされました。

 

詳しく話しを聞いてみると、

娘さんがサロン店を新規開店し、

チラシを手まきで配布したところ、

思ったよりも問い合わせがあり、

ご来店下さったお客様もいて、

とても嬉しくて興奮したそうです。

 

ただ、

ご来店下さった数人のお客様や

お問い合わせ頂いた人から、

 

「ホームページはありますか?」

 

と、聞かれたそうです。

 

ホームページWebサイトが必要と気が付く
お客様に ホームページはないの!と聞かれて

それまでは、

知人は勿論のこと、

娘さんもホームページに無関心だったそうですが、

 

「これはまずい!」

 

と 思い、

私に相談をしてきたということでした。

 

 

Jimdoジンドゥー無料版で集客が目的のホームページを私が作成することに

私も、

そのような状況なら、

一刻も早くホームページWebサイトを

インターネット上に開設した方が良いと思い、

 

知人の娘さんですから、

色々なことを考慮し

新規開店の状況を察して、

 

「できるだけお金のかからない」

「一刻でも早くできるホームページ」

「集客が目的のホームページ」

 

ということを最優先して、

Jimdoジンドゥーの無料版を使用して、

私が制作することにしました。

 

その為、

私のホームページを制作する手間だけで、

他に費用は一切かかりません。

 

私自身は

Jimdoジンドゥーを使用した

ホームページWebサイトを

15サイト制作し、

全て私自身で運用管理しています。

 

勿論、

新規のお客様も獲得出来ていて、

私なりに自身は持っています。

 

が、

私はWebデザイナーではありませんので、

見た目に綺麗でオシャレで素敵なデザインの

ホームページはできないが、

それでもいいのか?

 

と 知人に話したところ、

それでもいいからと

依頼を受けることにしました。

 

そして、

私なりの精一杯の知恵と知識を駆使して、

翌日には

必要最小限のホームページを作り、

インターネット上に公開をし、

運用管理ができるように、

 

「ウエブマスターツール」

「アクセス解析ツール」

「検索順位チェックツールGRC」

 

等の運用管理に必用な環境も整えました。

 

「ウエブマスターツール」に登録後、

二日目に屋号以外のキーワードで、

3っも20位以内に入り、

 

「これは思ったより効果が出るのが早いぞ!」

 

と、私なりに満足していました。

 

そして、

ホームページをネット上に公開してからは、

SEO対策も含め、

 

思いつきやひらめきがあれば直ぐに

日に何度でも修正変更更新を行い、

それを毎日繰り返し行い、

ネット上に公開してから3日で

最小限のサイト構成ですが、

 

「よし、これでいいだろう」

 

というところまでこぎつけました。

 

あとは、

私と知人の娘さんとで、

修正変更の更新やページの追加。

 

ブログの投稿などで、

ホームページを二人三脚で

育てていけば良いと考えたのです。

 

知識の差が大きいほど理解し合うのが難しくなる

ところが知人の娘さんは、

ホームページの知識が殆どありませんから、

普段目にしているサロン店の

綺麗でオシャレで素敵なホームページができるとばかり

思っていたようです。

 

まぁー

考えてみれば、

夢にまで見ていた自分のサロン店を

オープンしたのですから、

むりのないことですが・・・

 

修正変更の更新やページの追加で

集客できるホームページに作り上げていくのではなく、

ホームページの出来栄えの見た目そのものに

拒絶反応を示したのです。

 

知人の娘さんと会話をしていても、

 

「ここをこのようにする」

 

という前向きの姿勢ではなく、

 

「こんなんじゃイヤ」

 

という拒絶の反応でした。

 

娘さんは、

ホームページWebサイトの知識は

殆どありませんし、

マーケティングの知識もありませんから、

 

「何故なのか」

「どういう理由でそうなっているのか」

「これからどのようにしていくのか」

 

ということは全く聞く耳を持たず、

説明すればするほど

不信感を募(つの)らすだけの状態です。

 

「駄目なものはダメ」

「嫌なものはイヤ」

 

ということです。

 

そして、

やむなくホームページWebサイトを閉鎖!

 

知り合いからホームページWebサイト制作を依頼された時の教訓として

依頼する側が、

ホームページWebサイトの

知識が少なければ少ないほど、

 

ホームページとはどのようなものなのかを

全く知らないので

 

見た目で判断することしかできないのです。

 

友人や知人からの

 

「ホームページ制作の依頼」

「ホームページ作成の安請け合い」

 

は、

お互いのためにしないことです。

 

 

そして何よりも、

私の

ホームページWebサイトの知識や考え方に対して

 

「不信感」

 

を、

知人と娘さんは持ってしまったのです。

 

なんてこった・・・

 

以上

売り込みや説得は絶対にしません!約束です!

クリックするとプロフィールページへ
クリックするとプロフィールページへ
コメント: 0