ホームページと電話帳の広告.検索ユーザーの成熟で作りと内容の変化

 

前回のブログ記事を書いている時に

フッと頭にひらめいたことを書きます。

ブログ記事のタイトルがひらめいた
ん これはブログの記事が書けるぞ…

インターネットと電話帳を比較

日本の電話帳は

「都道府県」単位で構成作成された冊子ですが、

インターネットは「地球版」の電子電話帳です。

 

電話帳ですと

目次や見出しを見て

どこに掲載しているかを調べますが、

 

インターネットの場合

グーグルやヤフーやビングなどの検索サイトでは、

個々のホームページの名前サイトタイトルや

ディスプリクション(ホームページの概要文書)、

 

そして、

各ページの見出しや、

ホームページの中で

特徴ある言葉や文章を抽出して記録し、

ホームページの内容を

把握(インデックス化)して管理します。

 

ですから、

電話帳のように

自分でどこに掲載しているかを調べることなく、

検索サイトで

探しているものが想像つくような

「キーワード」を入力してエンターキーを押せば、

瞬時に検索をし、

一覧表にして表示されます。

 

弊社を探す場合を例にあげますと、

 

電話帳の場合、

 

「ホームページ制作」

「所在地」

「社名」

 

の順で掲載されている場所を探しますが、

 

インターネットの場合は、

検索サイトの

検索する文字や言葉を入力する枠に

 

「さいたま市 オフィスアライ」

 

と入力して検索すれば

検索結果の表示で

1ページ目の一番上に表示されます。

 

このように「探す」という行為は同じですが、

作業効率は比較にならないほど違います。

 

また、

探すという行為は同じですが、

探す目的が違います。

 

電話帳は「電話番号」を知るため、

インターネットは、

「探す相手はどのような相手なのか」

を知るためです。

 

ホームページWebサイトの広告と電話帳の広告

「SEO対策」は、

SEO対策とは:検索結果の表示順位をより上に表示して、一人でも多くの人にホームページを見てもらう為にやること

 

アルゴリズムの変更や更新で

アルゴリズムとは:ホームページWebサイトを評価する基準

 

よほどの専門家でもない限り通用しませんから

この記事では除きます。

 

電話帳にも広告の掲載があります。

 

豊富な資金があれば、

反応率の高い好条件の

「ページの位置」

「広告の大きさ」

が確保でき、

 

それに加えて「広告の内容やデザイン」にも

お金をかければ

同じ業種内で高反響(集客)率になります。

 

インターネットでこれに当たるのが

「PPC広告(リスティング広告)」

です。

 

「PPC広告(リスティング広告)」については、

前回のブログ記事に書きましたが、

 

金持ち優遇の料金システムですから、

資金が豊富にあるところは、

反応率の高い、集客率の高い、

高順位に表示することが出来ます。

 

しかも、

豊富に資金にものを言わせて、

腕のいい専門家に運用を委託し、

高い確率で大きな効果を上げることができます。

 

どうですか…

 

見られる仕組みは違いますが、

広告を出すという点では

インターネットと電話帳は

似ていると思いませんか?

 

ホームページWebサイトを持たない小零細企業や個人事業は多い

電話帳の場合には、

固定電話を設置すれば

自動的に電話帳に掲載されます。

 

ホームページは、

ホームページを作成し、

検索サイトのグーグルに登録をすると

地球版の電子電話帳に載ります。

 

商売においてホームページは

必須の道具だと言われて久しいですが、

 

ホームページを持つためには、

従来の考え方では、

高額な資金が必要になります。

 

この高額な費用のことで悩み、

ホームページを持つことをためらっている

小規模ビジネスや個人事業が

本当に多いのです。

 

高額なホームページ作成費用に悩む小規模ビジネスの社長
ホームページがあった方が良いのは分かっているが費用が…

しかし、

商売やビジネスにとってホームページは、

商売に付き物の看板のように、

ホームページがあって当たり前が常識になり、

 

ホームページの有無が

検索ユーザーの購買行動をするかどうかの

決め手になります。

(一部の業種やビジネスを除きます)

 

そのため、

事業の大小にかかわらず、

ホームページの無い企業や事業者は

お客の対象としている人に

認めてもらえない売り手に

なってしまうのです。

 

ホームページWebサイトの存在価値と変化

現在の検索サイト(以後グーグル)の

表示順位を決める

評価基準の内容(アルゴリズム)が

日々進化しています。

 

従来ホームページには

「キーワード設定」

キーワード設定:どのような言葉や文字を入力して検索された時に検索対象にするかの言葉や文字の設定

 

というものを設定していましたが、

グーグルは昨年(2015)5月頃に

評価基準の内容(アルゴリズム)は

キーワード設定のキーワードを評価しない、

 

ホームページの内容(コンテンツ:文字データ)を

重視すると発表しました。

 

私にとっては大変な驚きで、

 

設定したキーワードの効力がなくなる、

そんなバカな。

じゃ何で判断するんだ…

 

と興奮しました。

 

私は「Jimdoジンドゥー」という

ホームページ作成運用管理システムを

利用していますが、

管理画面からキーワード設定の項目がなくなりました。

 

そして、

グーグルのアルゴリズムは、

考える能力が備わり、

能力も高まりつつあり、

 

検索結果の表示順位は

ホームページの内容(コンテンツ:文字データ)次第

ということになります。

良質なコンテンツが理解できないで悩む
コンテンツ次第と言われても…どうすりゃいいんだ?

ホームページの作りや出来栄えは、

電話帳と同じように「分相応」が定着し、

 

イメージ広告(見た目を重視したデザイン)を必要とする

大企業や知名度の高いところ、

潤沢(じゅんたく:沢山.豊富)な資金のあるところでは、

レベルの高いSEO対策の専門家などに

SEO対策とは:検索結果の表示順位をより上に表示して、一人でも多くの人にホームページを見てもらう為にやること

 

委託したり

部署を新たに設けて雇い入れ、

企業の威信をかけた対策をします。

 

中小零細企業では

自由になる資金が少ないため、

PPC(リスティング)広告を利用することになり、

電話帳と同じように目立つところ

ネットで言えば検索高順位表示を目指します。

 

そして、

弊社のような小さな企業や個人事業主などは、

費用のかかるPPC(リスティング)広告は使えず、

電話帳のように

屋号が記載されているだけの状態になります。

 

が、

 

ホームページの内容が

グーグルのアルゴリズムによって

把握管理されているので、

 

個々のホームページを見てもらいたい対象相手に

気に入ってもらえるホームページの作りと、

 

検索ユーザーの、

探す相手の特徴をキーワードとして

入力した言葉の関連性が高ければ高いほどグーグルは、

良質なコンテンツ(内容)のホームページと評価をし、

高順位表示をします。

もちろん費用はかかりません。

 

そのため

ホームページのデザインや作りや見栄えを

気にする価値観は薄れ、

一定のレベルに達していれば良く、

 

ホームページの持ち主の

 

「らしさ・個性」

「売り」

 

を重視した作りになります。

 

ホームページを見る側も

世間一般の確立された評価基準ではなく、

自分の好みや価値観で判断し選択します。

 

これは現実社会と同じです。

 

小さな企業や小規模ビジネスや個人事業者は、

無理をしてまで

PPC(リスティング)広告を

利用する必要性は無いと私は考えており、

 

「ホームページの成熟期」

 

だと思います。

 

以上

売り込みや説得は絶対にしません!約束です!

クリックするとプロフィールページへ
クリックするとプロフィールページへ
コメント: 0