ホームページWebサイトを自分で更新運用管理できることが小零細企業や店舗ビジネスにとって必須

 最近、

中途採用の採用条件の中に、

 

  • ブログサイトが使えて記事が書ける
  • ホームページの更新ができる

 

が、重要視している企業が多くなっています。

 

中小零細企業のホームページの状況

現在でもホームページの更新を

ホームページ制作会社に依頼している企業が多く、

特に小零細企業や店舗ビジネスでは、

ホームページを扱える人材を

常時確保しておくことが難しいため、

 

どうしてもホームページ制作会社を

頼ることになります。

 

しかし、

多くの小零細企業や店舗ビジネスでは、 

ホームページを作りっぱなしで、

ホームページの更新をほとんどしていない事業者が

驚くほど多くおります。

 

ホームページを更新しない理由

では、

ホームページを更新しない理由には

どのようなことがあるのか?。

 

大きく分けて

 

1、ホームページ制作会社に依頼すると、そのつど重なる費用の負担に絶えられない。

 

2、ホームページの更新のできる人がいなくなった。

 

の 二つがあります。

 

1、は、

弊社の場合を例にあげますが、

2009年に、

取り引き抱きのデザイン事務所で

初めてのホームページを作りました。

 

その時にかかった費用が

20万円(業者間価格)です。

 

当時の私は、

専門知識のない私に

ホームページの更新や運用管理をしようなどとは

全く考えても見ませんでしたから、

 

修正変更更新は全て

制作したデザイン事務所に依頼しています。

 

その費用が

制作費用の3倍の 60万円(業者間価格)を

超えているのです。

 

それも、

その費用のことが常に頭にありますから、

できるだけまとめて

回数を減らすことを心がけての話しです。

 

2、は、

ホームページの更新ができない
いきなりホームページを更新しろと言われたって・・・ まいったナ~

社内でホームページの更新を担当していた人が、

急に退社することになり、

 

ホームページの更新の担当を

他の人に引き継がせることも出来ないまま退社されてしまい、

ホームページは更新されないまま

放置状態になるわけです。

 

ホームページの更新運用管理が自分でできる重要性!

この二つの問題を

一刀両断のごとく解決するのは、

 

あなたが、自分でホームページの更新運用管理をする

 

ことです。

 

自分でホームページを更新運用管理をするようになると、

私もそうでしたが、

ホームページで集客のみならず、

インターネットで集客することを考えるようになります。

 

そこで

「集客」という言葉が出てくると、

「では、集客するためにはどうしたらいいか」を

考えるようになり、

マーケティングにまで話しが至ります。

 

また、

如何に一人でも多くの人に

ホームページを見てもらうか、

 

アクセス数アップのための

SEO対策にまつわる色々なことを

知ることが必要になります。

 

このようにして

あなたが進歩していけば、

ホームページWebサイトが「道具」になるのです。

 

ホームページが道具になれば、

色々な使い方ができることが分ります。

 

すなわち

ホームページも

ひとつあればいいというものではなく、

目的や用途にあったホームページが

目的や用途の数だけ必要だということになります。

 

現在の弊社のホームページは、

パソコン用サイトが 19サイト

スマートフォン用サイトが 3サイト

計 22サイトあります。

 

サークル活動のホームページ作り
Jimdoジンドゥーで、ママ友のホームページを作りました!

ホームページは道具ですから、

ビジネスでもプライベートでも、

目的や用途がハッキリしていれば

そのための道具として使えばいいわけです。

 

このことを可能にしたのが、

前回のブログで取り上げました

 

CMS(コンテンツ・マネジメント・システム)

 

の出現です。

そのブログの記事

参考動画 約7分

インターネット集客のスキルは、必要なのか?

以上

売り込みや説得は絶対にしません!約束です!

クリックするとプロフィールページへ
クリックするとプロフィールページへ
コメント: 0