ホームページWebサイトは持ち物ではありません 集客の 道具 手段 です

インターネットは、

現代社会生活を営むうえで、

ライフラインのごとく、

必要不可欠の存在になりました。

 

そして、

消費者の購買行動や

ビジネスの取り引きでも、

インターネットで

 

  • 調べる
  • 確認する
  • 比較する

 

ことが普通の行動として行います。

 

ホームページWebサイトを比較して決めかねている
どっちがいいかしら・・・

ホームページWebサイトの役割りの変化

このような社会環境になると、

ホームページは、

会社案内や店舗案内のように、

自己紹介のホームページから、

どのような内容(情報)があるホームページなのかが、

問われることになりました。

 

当然ですが、

自己紹介のホームページなら

一度作ればしばらくは

そのままで役割りを果すことができましたが、

 

ホームページを見る目が成熟した

検索ユーザーには、

 

最初に表示される画面(ファーストビュー)を

見ただけで瞬時にそのホームページが

自分が探しているホームページかどうかを、

見る価値があるかどうかを判断し、

 

ダメなら「戻る」の操作(直帰)をして

他のホームページを見に行くのです。

 

お目当てのホームページWebサイトを捜し当てた二人
ここがよさそう・・・

そうなりますと、

時と共に色々なことが変化しますから、

その変化に合わせて

ホームページも

変更 更新 追加 を行う必要が出てきましてた。

 

こうなるとホームページも「生き物」と言っても

いいのかもしれません。

 

それゆえに、

 

ホームページは育てるもの

 

と言われるのでしょう!

 

ホームページの宣伝文句と広告の変化

時と共に環境が変化すれば、

おのずとホームページで集客するための

訴求する事柄と内容が変わります。

 

勿論この変化は、

あなた次第で

ビジネスチャンスにすることにもできるわけです。

 

ホームページの宣伝広告に驚く
えー ホントにー

こうなりますと

ホームページWebサイトは、

持っているだけのホームページから、

 

  • 集客するための道具
  • 集客するための手段

 

という役割りを担い、

経営そのものに

かかわってくることにもなるのです。

 

ホームページWebサイトの運用管理

このようにホームページWebサイトの役割りが

集客や売上に直接かかわるにもかかわらず、

ホームページを制作した制作会社に

一任(丸投げ)していいものでしょうか?

 

制作会社は、

両手を広げて

何時でも直ぐに対応する体制にはありません。

 

変更の依頼をしてから更新するまでに

必ず時間差が生じます。

 

Wixで作ったホームページの編集更新作業
Wix ウイックス なら 私使えます!

この時間差が

更新する内容によっては、

致命傷になりかねません。

 

でもこのことは、

あなたが自分で

ホームページの更新運用管理ができない以上

仕方のないことなのです。

 

CMS(コンテンツ・マネジメント・システム)の出現

このことを解決できるのが、

 

CMS(コンテンツ・マネジメント・システム)

 

です。

 

この CMS は、

2009年頃から日本に出現したもので、

俗に言う

 

自分で簡単に素敵なデザインのホームページが作れる

 

という触れ込みで宣伝しているサービスで、

現在 100種類以上出現しています。

 

よく知られているところで

 

Wordpress ワードプレス

Wix ウイックス

Jimdo ジンドゥー

 

などがあります。

 

Wordpressワードプレスを覚えて自分で更新運用管理
僕 Jimdoジンドゥーを覚えたので 更新と運用管理を自分でやっています!

これらの CMS を利用して、

あなたがご自分で更新運用管理ができるようになれば、

ホームページは

「集客」「売上」のための手段となり、

 

俗に言います

「ネット戦略」「ホームページ戦略」が

できるようになります。

↓ 参考動画

↑ 僕の実体験!集客できるホームページになるまでの道のりをご紹介!

(起業〜現在)

以上 

ホームページ初心者限定!個別セミナー&相談 無料で実施中!

売り込みや説得は絶対にしません!約束です!

クリックするとプロフィールページへ
クリックするとプロフィールページへ
コメント: 0