ホームページWebサイトをスマホとパソコンで見る人では判断基準と集中力がまるで違う

 スマートフォンは

ものすごい勢いで普及し、

今も続いています。

ネット利用者にスマホ(スマートフォン)派が出現そして確立

Webサイトを次々に移るスマホユーザー
スマホユーザーの検索はカミワザ!

弊社は印刷物も承っていますが、

 

ここ最近、

特にチラシ印刷のご依頼者にスマホ派が多く、

インターネット閲覧するのにパソコンは使わず、

スマホで弊社のホームページをご覧になって

お問い合わせの電話を下さいます。

 

あるお客様などは、

スマートフォンが音声認識の機能を備えているため、

音声入力でキーワードを入力し、

次々とホームページを閲覧していきます。

 

「おっ スゴイ…」

 

その手際のいいこと、

次から次へと

まるでホームページの上を飛び跳ねているように

移り変わります。

 

「こりゃー パソコンでホームページを見る人とは全く別人だぞ!」

 

私から見たら神業(かみわざ)です。

 

一般消費者を対象とするご商売やビジネス、

特に年齢層が若いほど

スマートフォン派が圧倒的に多く、

 

ホームページ戦略も

パソコン派にはパソコン派用ホームページ戦略を、

スマホ派にはスマートフォン派用ホームページ戦略を

考える時が来ました。

スマホ(スマートフォン)用とパソコン用のホームページは全く違う特性

スマホ検索ユーザーの特徴
次から次へとサイトを移動!

あなたのご商売のお客様を良く分析し、

スマートフォンのホームページを作るべきか、

パソコン用のホームページを作るべきかを決め、

スマホ派、パソコン派の特性をしっかりと分析し、

その特性に適したホームページを作ることが必須です。

 

弊社もそうですが、

商品やサービスの種類によって

スマホからのアクセスが多い品目に

スマホ派用のホームページを作りました。

 

また、

商品やサービスによっては

スマホ派用とパソコン派用の両方の

ホームページを作る必要があるのです。

 

スマホの検索ユーザーと

パソコンの検索ユーザーとでは

検索をしてホームページを見る時の

 

「価値観」

「判断基準」

「ホームページを見る集中力」

 

が 全く違うのです。

スマホ対応レスポンシブデザイン使用パソコン用ホームページとは

そこで気になるのが、

最近よく目にしたり聞いたりする

 

「スマホ対応レスポンシブデザイン使用パソコン用ホームページ」

 

なるものです。

 

私は、

CMSのJimdoジンドゥーを使って

レスポンシブデザインを使用したホームページも

複数作り運営していますが、

 

スマホ対応の

レスポンシブデザインのホームページは、

スマートフォンで見ると

とても見づらいと思っています。

 

分りづらいホームページにいらいらする美容室オーナー

なんだかよく分らないホームページね!

そのため、

先にも書きましたが、

スマホからのアクセスの営業品目には、

新たにスマホ専用のホームページを作り

運営しています。

 

パソコンを目の前にして

スマホを手に持って見比べてみて下さい。

違いは一目瞭然です!

 

私は営業畑を長年歩いてきましたから、

お客様の立場になって考えることが

習慣になっていますので、

 

この

レスポンシブデザインのホームページは

検索ユーザーにとって

いかに不親切であるか!

 

弊社もホームページ制作を承っていますが、

 

レスポンシブデザインのホームページを勧める制作会社は

依頼者をバカにしてるんじゃないか!

 

スマホユーザーをバカにしてるんじゃないか!

 

とさえ思っています。

なぜか?

 

ホームページ制作会社といえば依頼者は

ホームページの専門家と考えいますから、

本来なら、

 

「レスポンシブデザインのホームページとはどのようなものなのか」

 

を教えた上で

レスポンシブデザインのホームページを作るのか、

スマホ用ホームページを作るのかを

依頼者に決めてもらうのが「スジ」だと

思うからです。

 

それをしないで

 

スマホ対応レスポンシブデザインのホームページを勧める?なんで?

誰のために?・・・

 

お断り:あくまでも私の個人的な考えです!

以上

売り込みや説得は絶対にしません!約束です!

クリックするとプロフィールページへ
クリックするとプロフィールページへ
コメント: 0