SNS(ソーシャル.ネットワーキング.サービス)とホームページWebサイト

ホームページの役割りと立ち位置の変化

約20年位前にインターネットが出現し、

営利企業では、

「ホームページ」

というものを作って

集客や宣伝広告に利用してきました。

 

当時は、

ビジネスに使う手段はホームページしか無かった為、

先ずは大手企業や大企業がこぞってホームページを作り、

宣伝広告に集客にと利用してきました。

 

まさに、

「ホームページさえ作れば売上が上がる」

「ホームページを作れば信用される」

という時代でした。

 

制作会社は、

「ホームページさえ作れば売上があがる」

を宣伝文句に、

中小零細企業や小規模事業者に

売り込みました。

 

でも、

ホームページ制作料金は、

大企業や大手企業で作る制作料金が基準となっていたので、

中小零細企業がホームページを持つには

かなりの決断が必要でした。

特に小零細企業や小規模事業にとっては、

ホームページ制作料金が

あまりの高額であるため

資金を捻出できず、

高嶺の花と諦(あきら)めてしまいました。

 

ホームページ制作会社も色々出現

現在のホームページ制作の事情は、

制作会社も大中小と規模があり、

制作会社の規模に見合った企業や事業者を

お客様相手としています。

 

ですから依頼者側も、

自分の事業の規模に見合った制作会社を

選ぶことができるようになり、

分不相応のホームページを作らされて、

高額な料金を支払わなくてもすむようになりました。

 

これは、

ホームページを見る人の目がこえてきたためで、

どんなホームページのデザインであれ、

自分の求めている相手かどうかを見抜けるようになったからです。

 

ホームページの成熟期に入ったのかもしれませんネ!

 

ソーシャル.ネットワーキング.サービス(SNS)の出現

そんなホームページ事情の中に

「ソーシャル.ネットワーキング.サービス(SNS)」

というものが数多く出現してきました。

 

業種やビジネスモデル、

小規模事業や店舗にとっては、

この「ソーシャル.ネットワーキング.サービス(SNS)」の中に、

ホームページの代わりとして使えるものがあったり、

ホームページより利用価値がある場合があったりもします。

 

事業者の諸事情を考慮すると、

ホームページは、

事業者にとってどの方法が良いか、

「何を使うべきかの選択肢のひとつ」

という扱いになったのです。

 

ソーシャル.ネットワーキング.サービス(SNS)として

よく耳にするものに、

  • ブログ
  • フェイスブック
  • ツイッター
  • ライン
  • ミクシー
  • インスタグラム

などがあります。

 

中には、有料のものと無料のものがあり、

有料のものは、

広告を全て非表示にできたり、

独自ドメインを使用できたりします。

 

この

「ソーシャル.ネットワーキング.サービス(SNS)」

の出現で、

ホームページWebサイトの立ち位置や存在感が

変わり始めたのです。

 

ソーシャルメディア(SNS)をホームページのように使う

ソーシャルメディア(SNS)は

基本自分で更新しますので、

インターネットに公開後の更新に費用はかかりません。

 

この特性を生かして、

例えばアメーバーブログを

カスタマイズ(アメーバーブログの基本の画面のデザインを変える)をして、

ホームページのように見えるように、

業者に依頼してカスタマイズし、

更新は自分で行い、

アメーバーブログを

ホームページのように使っている事業者も多くいます。

(注意:アメーバーブログは、規約で商用利用を禁止しています)

 

ブログをカスタマイズする料金は

ホームページを作るよりも

はるかに低価格ですみます。

そして、

ブログサービスを無料のものを利用すれば、

維持費は全くかかりません。

 

ホームページとソーシャルメディア(SNS)を

あなたの業種やビジネスモデル。

事業の規模、ターゲット(狙いをつけた販売相手)などを、

しっかりと分析して、

「使い分ける」

「ホームページと組み合わせる」

ということが必要となってきました。

 

ホントにネットの環境の変化は

目まぐるしく変わりますね・・・

ついていくのが大変です(愚痴)

 

参考動画-1 

↑ ホームページとブログ。どっちがいい?

参考動画-2 

 ホームページはいらないと言うコンサル

以上

売り込みや説得は絶対にしません!約束です!

クリックするとプロフィールページへ
クリックするとプロフィールページへ
コメント: 0