宣伝広告とインターネット

人の行動習慣が大きく変化しました。

特に消費者の購買行動は激変しました。

 

その要因は、

インターネット

の存在と、

スマホ(スマートフォン)とタブレット

の驚異的な普及です。

 

宣伝広告

宣伝広告の媒体は色々ありますが、

その広告を見た人が

ある広告に目にとまると何をするか?

 

あなたならどうしますか?

 

私なら、

迷わずインターネットで相手を確認します。

 

何故インターネットで確認をするのか?

 

それは、

 

安心していい相手なのか

信頼していい相手なのか

 

を判断するためです。

 

クチコミ

インターネットで確認する情報は

宣伝広告だけではありません。

 

クチコミも同じ行動をします。

 

クチコミで情報が入れば、

 

ネットで確認!

 

をして、

どうするかを判断するのです。

 

以前のように

 

あの人が教えてくれたことだから

 

と、

無条件で行動することは

まずありません。

 

教えてくれた人が

専門家や尊敬している人であれば

話しは別ですが、

そうでなければ、

ネットで調べて

自分の判断を優先します。

 

スマホやタブレットでネットで調べるのは当たり前の時代

そして、

スマートフォンやタブレットの驚異的な普及です。

 

スマートフォンやタブレットがあれば、

場所と時間を選ばず、

その場で直ぐにインターネットで調べることができるのです。

 

そのスマートフォンやタブレットを

今や、

誰でも携帯しているといっていいほど、

普及しているので、

誰もが常にインターネットに繋がっている状態だということです。

 

先日こんな話しを聞きました。

 

友人の息子さんが、

あるコンパに出席したときのこです。

 

普通コンパは、

姓名の下の「名」で自己紹介するそうですが、

ある女性が近寄ってきて、

「名字はなんていうの」

と聞かれてたので

名字を教えたそうです。

 

その後すぐに

その女性はトイレに入り、

持っていたスマフォで

私の友人の息子の名前を

ネットで調べたそうです。

 

私の年代なら

思いもよらない行動をとったそうです。 

 

このように今は、

個人の名前ですら

インターネットで当たり前のように調べるのです。

 

ここまで来ると

チョット問題だと思いますが・・・

 

まとめ

 

情報の種類は問わず

 

情報入手 → インタネットで確認 → 判断

 

これが現代人の行動パターンです。

 

このことを前提に営業展開をする事が重要です。

 

参考動画↓

チラシ集客とWebサイトの関係 約13分の動画です

以上

売り込みや説得は絶対にしません!約束です!

クリックするとプロフィールページへ
クリックするとプロフィールページへ
コメント: 0