ホームページの10年前と現在(2014)の状況の違い 上巻

時代とともに、

社会状況やビジネス環境が

変るものです。

 

ホームページ事情もまた同じく、

この10年で大きく変りました。

 

そこで、

ホームページの10年前と現在(2014)の事情の違いを

考えてみましょう。

 

ホームページWebサイトを作れば信用され集客できた時代!

10年前というと、

弊社は当時印刷業が本業でしたので、

パソコンは「マック」を使用していましたが、

これからはウインドーズ の時代になると予感したため

初めて ウインドーズ を

IBMのパソコンで導入しました。

 

ホームページ制作Webサイト作成の全盛期

 

その頃のホームページの状況は、

さほど話題にもならず、

 

「ホームページ」と言うものがあり、

パソコンでホームページを見ても、

「こういうものなんだ」と思うだけで、

 

それがどのような意味があり、

どのような役割を果たすものなのか、

全く考えもしませんでした。

 

当時のホームページを開設しているところは、

それ相応の企業や団体や組織で、

 

「ホームページは立派なところが開設するもの」

 

弊社から見れた雲の上の出来事で、

ホームページは、

弊社にとって全く無用のものと考えていました。

 

ホームページWebサイト制作料金がバカ高い時代!

 当時のホームページ制作する料金は、

いくらか全く見当もつきませんが。

 

ある建築業のお客様からホームページのご相談を頂き、

訪問して会談をしている中で、

 

このホームページのリニューアルを

A社に見積もってもらったところ、

総額500万円の見積もりが来た

 

と、おっしゃっていました。

 

ホームページの制作料金
えー ホームページを作るのにそんなにかかるのか・・・

このことを察すれば、

10年前のホームページ制作料金は、

そうとう高額(百万単位)だったろうと想像します。

 

それだけに、

ホームページがあるというだけで、

立派な企業と受け取られ、

 

ブランディング効果があり、

 

ホームページがあるということで、

信用も得られたのです。

 

ホームページWebサイトの数が少なく比較されることがない!

当時のホームページ制作会社は、

 

「ホームページを作成すれば集客できる」

 

と、宣伝文句や営業トークとして連呼していました。

 

そのころは、

ホームページサイトの数も少なく、

 

大金を題してホームページを持つ企業はわずかで、

競合するホームページも少なく、

 

今のように

複数のホームページを見て、

比較して選ぶということが無かったため、

 

「ホームページを作成すれば集客できる」

 

と言う宣伝文句や営業トークも、

まんざら嘘ではなく、

 

確かにそのような傾向にありました。

 

立派なデザインのホームページを見てすっかり信用する経営者
立派なホームページだね この会社なら信用できそうだ…

私も、

ホームページのある会社であれば、

ホームページがあるというだけで、

一目置いたものです。

 

実社会で言うと、

 

私の幼少期、

まだお店も少なく、

テレビの出始めた頃で、

 

何かお店ができると、

「どんなお店なんだろう」と、

気になって自分から見に行き、

「ここにこういうお店ができたんだ」

「いいお店ができて良かった」と、

思ったものです。

 

お店を建て看板を出せば、

集客できた時代です。

 

10年前のホームページ事情は、

この状況に似ています。

 

「ホームページを作れば集客できる」

「ホームページを作れば売上が上がる」

 

が、

通用する時代でした。

 

つづく

売り込みや説得は絶対にしません!約束です!

クリックするとプロフィールページへ
クリックするとプロフィールページへ
コメント: 0