ホームページの作り(デザイン.出来栄え.見た目)と言葉(コピー)

ホームページが出現してから15年以上経ちますが、

検索ユーザの

インターネット利用する検索ユーザの

技術や知識が向上し、

サイトを見る眼も成熟しました。

 

ホームページの価値も、

「あれば良い」

から、

「合って当たり前」

になり、

 

「立派に見せるホームページ」

よりも

「目的を達成できるホームページ」

が、

求められるようになってきたのです。

 

来店来社してもらいたいお客様に対して嘘のない、がっかりさせないホームページのデザインと言葉(コピー)

ホームページの出始めの頃は、

ホームページといえば大企業や有名企業の

ホームページWebサイトがほとんどで、

 

ホームページがあるというだけで一目置かれ、

信用を得ることが出来ました。

 

その為、

後発者はこぞって、

大手企業や大企業のホームページを見本として

 

「立派な作り」

「綺麗な作り」

「カッコいい作り」

 

を重視して

ホームページを制作したのです。

 

この記事は、

購入を目的で、

ホームページに訪れる人を前提にします。

 

お客様とする相手「層(ターゲット)」

ホームページをお店に置き換えて考えますと、

 

私もそうですが、

あなたは、

何かを購入する時に、

どのような基準で購入先を選びますか?

 

A、見るからに立派な店構えのお店で、

自分のほしいものの最高のものがあり、

サービスも、おもてなしも、

最高のものが受けられそうな

お店。

 

B、見た目にはごく普通のお店で、

ほしいものの価格も

自分の理解できる範囲のものがありそうな

お店。

 

いかがですか?

 

どちらがどうということではなく、

どちらにも

 

「だからこのお店を利用する」

「だからこのお店には行かない」

 

と考える人が互いにいるのです。

 

ちょっと前までのホームページは、

A」を重視して

ホームページは作られていました。

 

その為、

B」を重視する人を

蔑(ないがし)ろにしていたのです。

 

それは、

B」を重視する人は

絶対に「A」のお店には行かないし、

A」を重視する人も、

絶対に「B」のお店に行くことはありません。

 

なぜだと思いますか?

 

それは、

お客様とする相手「層(ターゲット)」が、

全く違うからです。

 

従来のホームページの作り

話しをホームページに戻しますと、

 

A、見るからに立派な作りのホームページで、

信用できそうな立派な企業であり、

自分のほしいものの最高のものがあって、

サービスも最高のもてなしを受けられそうな

作りのホームページ。

 

を重視して制作したホームページでは、

 

B、見た目には

「立派」「綺麗」「カッコいい」

色(しょく)の薄いホームページで、

ほしいものの価格も自分の理解できる

範囲のものがありそうなホームページ。

 

を重視するお客様を

無視していたことになるのです。

 

既に、

 

「立派な作り」

「綺麗な作り」

「カッコいい作り」

 

を重視したホームページの持ち主が、

 

「見た目の良さだけではダメだ」

 

と、気づき始めたのです。

 

何故か?

 

現実に既存のホームページでは、

お問い合せや集客が

出来なくなってきたからです。

 

その為、

ホームページのリニューアルの需要が増え

Web制作会社の追い風ともなっているのです。

 

これからのホームページの作り

大手企業や大企業は、

従来の

 

A、見るからに立派な作りのホームページで、

信用できそうな立派な企業であり、

自分のほしいものの最高のものがあって、

サービスも、おもてなしも、

最高のものを受けられそうな

作りのホームページ。

ネットで新たな取引先を探す女性事業家
この立派なホームページの会社なら信用できそうね‥

のままで問題ありません。

あとは、

世相や流行を考慮すれば良いでしょう。

 

小零細企業や小規模事業主やお店は、

 

B、見た目には

「立派」「綺麗」「カッコいい」

色(しょく)の薄いホームページで、

ほしいものの価格も自分の理解できる

範囲のものがありそうなホームページ。

 

それに、

自分の求めている

お客様とする相手「層(ターゲット)」を明確にし、

そのターゲットに違和感のない

自分らしさが表れた好感の持てる

ホームページの作りにすることです。

 

例えば、

私が何かを購入目的で

インターネットで購入先を探す時、

トップページを見た時、

A」のようなホームページであれば、

 

「ちょっと高そうだから他を探そう」

「俺に分不相応のところだな」

「敷居が高いな」

 

ということで、

他の自分の身の丈に合ったサイトを探します。

 

言葉と文章(コピー)

ホームページの作りの両輪の片方が、

言葉と文章(コピー)です。

 

人は皆、

相手によって話す言葉遣いや、

言葉の表現が変わります。

 

これは、

ホームページの作りに対しても、

全く同じことが言えることで、

 

その為、

先ほどの、

お客様とする相手の「層(ターゲット)」が、

重要になります。

 

ターゲットがハッキリすれば、

そのターゲットの向けての

言葉使いや言葉での表現方法が変わるからです。

 

例えば、

ターゲットが女性で、

年齢が同じだとしても、

 

お母さんと娘で日曜日の予定を決める
明日遊園地に行こう!
ブランド店を探すキャリアウーマン
この素敵なホームページのお店なら安心ね

小さいお子さんを持つお母さんと、

キャリアウーマンの独身女性とでは、

 

生活環境や立場が違うので、

言葉使いや表現や内容が

大きく変わります。

 

あとがき

弊社には、

Webデザイナーとコピーライターを使って

制作したメインホームページが1サイト。

 

 

営業用の

私の自作のホームページが15サイト。

 

私の自作のホームページは、

制作は勿論のこと、

 

更新運用管理についても、

弊社のWebデザイナーやコピーライターには

全く相談はしないで、

全て私が行っています。

 

何故か、

理由は二つあります。

 

一番目は、

自分らしさ(個性)を

前面に出したいためです。

 

二番目は、

「ホームページWebサイトとは、どのようなものなのか」

を知り、

 

集客できる運用管理の知識を

実践と経験で高めるためです。

 

今ご覧のこのホームページも、

私自作のホームページです。

 

そして、

結果として、

2対7の割合で、

私の自作したホームページからの

集客が多いのです。

 

その理由は、

自作のホームページWebサイトは

営業用(集客)ですので、

 

お客様の対象「このような人に向けて(ターゲット)」の絞り込み分けを行い、

 

15種の「このような人に向けて」の

見込み客となる人(ターゲット)を分類し、

 

それぞれのターゲットに対して

ホームページを作成したことが、

大きく関係していると考えています。

 

以上

売り込みをしない 教えることの大好きな 制作会社です!

クリックするとプロフィールページへ
クリックするとプロフィールページへ
コメント: 0