ホームページとマーケティング

 

最近、

ちょこちょこ耳にするのが

 

「ホームページのマーケティング戦略」

 

です。

 

マーケティングとは

短く分りやすく言いますと

 

「取り扱っている商材が、売りやすくなる環境を作る活動」

 

です。

絶対に間違ってはいけないのが、

 

「売るための方法(テクニック)」

 

ではないということです。

 

例えば、

知名度が高くて信頼されている企業であれば、

入社後間もない営業マンでも

商品を販売することが出来ます。

 

何故だと思いますか?

 

それは

 

「売るための環境が出来ているから」

 

です。

 

では、

起業したばかりの

誰も知らない企業ではどうでしょう。

 

商材名は誰もが知っている名前であっても、

販売している会社や製造している会社のこと、

販売している営業マン自身のことは

全く知らないのです。

 

あなたならどうしますか?

 

初めて聞く販売業者から

初めて見る営業マンから

たとえ営業マンがベテランであったとしても

知っている商品名だとしても、

購入する気持ちにはなれないでしょう。

 

どうしてか?

 

「売りやすい環境が全く出来ていないから」

 

です。

 

消費者は

「安全・安心」

が得られないと購買しません。

 

まれに、

営業のプロであれば、

その人に「安心・安全」を感じ取り、

購入することもあります。

飛び込み訪問販売がこれです。

 

マーケティング活動がうまく機能して、

「売りやすい環境」が出来ていれば、

強く売る必要がなくなります。

世間話しをするような心持で

販売することができるようになります。

 

これがマーケティングです

 

 

売りやすい環境とは、販売促進活動との違い

マーケティングと同じような意味と

勘違いしている言葉が

 

「販売促進活動」

 

です。

 

マーケティングとの決定的な違いは、

販売促進活動は

 

「売るための活動」

 

ということです。

 

マーケティングとは、

売るための活動ではありません。

 

「売りやすい環境を作る」

 

ための活動なのです。

 

 

ホームページの立ち位置

マーケティングは、

企業全体で行う活動です。

 

活動に使用する手段(道具)も多種多様です。

 

その手段のひとつが

「ホームページ」

なのです。

 

ホームページは、

マーケティング活動の手段の

ひとつにすぎません。

 

企業全体の行うマーケティング活動の中で、

ホームページには

どのような役割りや目的を

担わせればよいかを考え、

それを取り入れたホームページを

制作することになります。

 

ホームページ単体では

マーケティングにならないのです。

 

ですから、

「ホームページ戦略」

なら分りますが、

「ホームページマーケティング」

というのは

意味をなさない表現(言葉)だということです。

(このことは私の個人的な主観です)

 

例えば、

ホームページ単体の場合、

ホームページを見て

お問い合わせの連絡をした時点で

ホームページの役割は終わりと考えます。

 

ホームページの目的は、

お問い合わせをしてもらうということですから、

お問い合わせを頂いた時点で目的を果し、

完結です。

 

 

これが、

マーケティング活動の中のホームページであれば、

ホームページを見て

お問い合わせを頂いた行為の前後を

区別(別のこと)することは出来ません。

 

例えば、

お問い合わせの電話を受けたオペレータも

マーケティングの

「売りやすい環境作りの活動」

の一部だからです。

 

オペレーターは、

「売りやすい環境作りの活動」

の考えに基づいた応対をすることになります。

 

このように、

ホームページを見て

お問い合わせを頂くという行為は

「売りやすい環境」の

いち過程(いち部分)にすぎないということです。

 

以上

売り込みや説得は絶対にしません!約束です!

クリックするとプロフィールページへ
クリックするとプロフィールページへ
コメント: 0