ホームページは こちらから見せに行って宣伝.広告するものではなく ユーザーが検索サイトから見に来るものです

あなたは、

 

「ホームページは作ったけれど問い合わせが全くない」

「集客が出来ない」

 

という話しを聞いたことがありますか?

 

宣伝と広告

宣伝や広告は、

売主側から不特定多数に

積極的にお知らせするものです。

 

商圏が商圏(エリア)が広域の場合

商圏が広域であれば、

 

テレビやラジオ

新聞や雑誌

 

などのメディアを利用して

宣伝と広告をします。

 

テレビのコマーシャルを見る
あっ 新製品が出た!

 しかしこの宣伝と広告の方法では、

費用がとてもかかり、

中小企業や個人事業では

とても支払いできる額ではありません。

 

そのためこの方法を行っているのは、

一流メーカー企業や大手企業、

全国的に知名度のある企業などで、

資金が潤沢にある企業です。

 

例えば、

大手自動車メーカーや大手食品メーカーなどです。

 

商圏(エリア)が特定の地域に限られている場合

商圏の狭い

限定された地域に宣伝広告する場合の媒体(方法)としては、

弊社のような中小零細企業や個人事業にとって

一番馴染んでいるのがチラシです。

 

宣伝広告で集客に悩む
宣伝広告しないことには 新規客の獲得は出来ないからなぁ~

そのほかにも、

地域のタウン誌、

チョット離れた所に設置する看板など。

 

特徴は、

音声で聞かせる宣伝広告ではなく、

目で見る視覚に訴える宣伝広告です。

 

ホームページは宣伝と広告の媒体として使えるのか

宣伝と広告とは、

売主側から積極的に

不特定多数の人に知らせるものですが、

 

ホームページWebサイトは、

買い手側が検索サイトで

自分の臨んでいる商品やサービスが

検索されるような「キーワード」を

グーグルやヤフーの検索サイトで検索し、

 

検索結果の一覧表示を見て

ホームページWebサイトの名前や説明文を読んで、

自分の臨んでいる商品やサービスが

ありそうなホームページだと思ったら

そこでそれをクリックして初めてホームページに訪れ

あなたの存在を知ることになるのです。

 

あなたのホームページの存在を知る始まりは、

買い手側の意思に伴う行動なんです。

 

ですから、

買い手側が何も行動を起こさなければ、

あなたのホームページの存在を知ることは絶対にないのです。

 

しかも検索サイトという篩(ふるい)にかけられ、

狭き門を潜(くぐ)り抜けなければなりません。

 

いかがですか、

このようなホームページWebサイトに

宣伝と広告の役割りが果せると思いますか?

ホームページで宣伝広告を考える
ホームページで 宣伝.広告 できないのォ~

ホームページの役割り

では、

ホームページの役割りとは何か?

 

ホームページの役割りは、

検索サイトの狭き門を潜(くぐ)り抜け

ホームページを見た人に

 

お問い合わせ

 

を してもらうことが全てです。

 

そしてホームページは、

 

  • お問い合わせをもらうためにはどのようなホームページを作ればいいか
  • SEO対策上どのようなキーワードを使用しホームページに盛り込むか

 

を考えて作成するのです。

 

なんだか 分るようで 分らないワ・・・
なんだか 分るようで 分らないワ・・・

いかがですか?

 

このようなホームページに

積極的に売り手側から知らせなければならない

宣伝と広告の役割りが果せると思いますか?

 

以上

売り込みや説得は絶対にしません!約束です!

クリックするとプロフィールページへ
クリックするとプロフィールページへ
コメント: 0