検索サイトからキーワードを入力してホームページを見る人の目的

ホームページが日本に出現してから十数年。

当初とは比較にならないぐらいのホームページWebサイトの数と

インターネット環境や

ホームページを作る技術や

サイトの運用などは、

劇的な発展を遂げました。

 

検索キーワードの変化

そして、

インターネットを利用する検索ユーザーも

(グーグルやヤフーの検索サイトで検索する人)

その変化に伴って、

インターネットを利用する技術や知識が向上し、

一昔に多かった「会社案内」「店舗案内」のようなホームページでは、

お問い合わせや集客ができなくなっているのです。

 

そのことが分るの何故かというと、

 検索サイトで入力する「キーワード(言葉)」の変化からです。

 

検索経由でくる検索ユーザーのキーワード
検索キーワードを考えることが重要な時代に!

ホームページが出現した当初は、

企業名や団体名や店舗名などの「名詞」を

検索キーワードとして入力していたのですが、

現在では「名詞」で検索する検索ユーザーは少なく、

個々の検索する目的を果すための「言葉」を

キーワードとして入力し検索するユーザーの方が

はるかに多くなっています。

 

検索ユーザーの目的

グーグルやヤフーの検索サイトで検索する人は、

自分の目的を果すためのキーワードを入力しますから、

そのキーワードから、

検索ユーザーの目的を推察することが出来るのです。

 

この検索ユーザーの目的を知ることこそ、

検索ユーザーに対して

的を得た(まとをえた)的確なホームページが作れるのです。

 

検索キーワードの意識の低い古いホームページWebサイト

よく

 

古いホームページでは集客できない

 

と言う話しを聞きますが、

古いホームページだから集客できないのではなく、

その古いホームページが制作された時代は、

キーワードに対する意識が全体的に低かったからです。

 

ホームページの全盛期には、

とにかく見た目を重視していましたから、

デザインが全てだった時代です。

 

特に中小零細のホームページ制作会社では、

その傾向が顕著(けんちょ)に現れていました。

 

それから、

 

素人が自分で作ったホームページは使いモノにならない

 

といわれるのは、

見た目の問題もありますが、

この「キーワード」の重要性を全く知らない、

気にもかけていないからです。

 

この「キーワード」の認識がなければ、

その「キーワード」で検索した検索ユーザーに対して、

的を得たホームページが作れるはずがないからです。

 

冷静に物事の道理で考えれば

当たり前のことです。

 

ホームページを作る目的

あなたも、

ホームページを作ろうと思ったら、

この「検索キーワード」のことを

しっかりと考えることです。

 

急ぐことは禁物です。

 

ホームページを作る目的は、

ホームページというものを持つというが目的ではなく、

あなたのビジネスやご商売で

役に立つホームページを作ることが目的のはずです。

 

検索キーワードを意識して ホームページを再構築
検索キーワードを意識して ホームページを再構築しています!

 

あなたのビジネスやご商売で

役に立つホームページを作るには、

「検索キーワード」の認識があってこそ

できることなのです。

 

そして、

この「検索キーワード」は、

あなたしか考えることができないのです。

 

何故か?

あなたのビジネスを熟知しているのは誰でもなく、

あなた」だからです。

 

あなたのビジネスのお客様の心を良く知っているのも

あなた」だからです。

 

絶対にホームページ制作会社ではありません!

 

以上

売り込みや説得は絶対にしません!約束です!

クリックするとプロフィールページへ
クリックするとプロフィールページへ
コメント: 0