ホームページを誰に見てもらいたいのか「ターゲット」を定める

全6回シリーズ

ホームページを作る 2 「ターゲットを定める」

 

ホームページを作る目的を「集客」とした前提で

記事を書きます。

 

目的の次は、ターゲットの絞り込みです。

 

ターゲットの絞り込みとは

ホームページを「だれに」「どのような人に

見てもらいたいのか。

見てもらいたい人の的を絞ること。

 

このターゲットを絞り込まないと、

不特定多数の人ちに向けての

ホームページとなってしまいます。

 

では、

それで、どうしていけないのでしょうか?

 

例1 「○○さん」を、ホームページを見てもらいたい相手と見立てています。

 

ターゲットの絞込みを全くしないということは、

人が沢山いるところで、

「皆さん」と、呼び掛けるようなもので、

誰一人自分のこととは思わず、

振り向く人は極々わずかな人だと思いますが、

一人も振り向かない可能性の方が高いでしょう。

 

今度はターゲットを絞って、皆さんでなく、

「新井さん」と、呼び掛ければ

全部の「新井さん」が

振り向かなくても、

必ず数人の「新井さん」が振り向きます。

 

更にターゲットを絞り込み、

「男性の新井さん」と

呼び掛ければ、

男性の新井さんがいれば、

かなりの確立で振り向くでしょう。

 

更にターゲットを絞り、

「○○代の男性の新井さん」と、呼び掛ければ、

あてはまる新井さんは、

全員ではなくても、

かなりの人が振り向くことでしょう。

 

更にターゲットを絞り、

「○○○にお住まいの○○代の男性の新井さん」

と、呼び掛ければ、

それにあてはまる人がいれば、

自分のことだと思い、

「あっ 俺(私)のことだ!」と

確実に振り向きます。

 

ホームページのターゲットを絞り込む弊社の実例

1 ターゲットを全く絞り込まず

「各種印刷物承ります」

 

という姿勢のホームページですと、

先ず、地域を絞っていないので、

 

「全国の皆さん、各種印刷承ります」

 

というホームページになり、

ホームページに訪れた人は、

もし目的があって印刷会社を検索したのであれば、

その目的を叶えられるホームページであるかどうかを

トップページを見た瞬間に判断します。

 

もしその目的が

「近くに印刷会社はないか」であれば、

電話番号か印刷会社の所在地を見て、

近いところでなければ

「あっ 違う」と、瞬時に判断し、

"もどる"の操作を次のホームページを見に行きます。

 

このことを「直帰(ちょっき)」するといいます。

ターゲットの絞り込み
ホームページを見せたい相手?ターゲット?

2 ターゲットを地域で絞る。

「各種印刷物承ります さいたま市・戸田市・蕨市」

 サンプルページ

地域を絞り込みました。

 

人によっては、

 

「さいたま市・戸田市・蕨市で、いい印刷会社はないか」

 

が 目的で、検索する方がおります。

 

トップページ、

特に一番上の画像(ヘッダ画像)に

 

「さいたま市・戸田市・蕨市」

 

の文字があれば、

この方は「あっ あった」と、

真剣にホームページを見て判断し、

お目にかなえば、

問い合わせをします。

 

が、しかし、

印刷物には沢山(たくさん)の種類があます。

 

たとえば

「伝票を作りたいので、

さいたま市・戸田市・蕨市で、どこかいい所はないか

 

という目的だったとすれば、

地域しか絞り込まれていないホームページでは

そのホームページの何処に

「伝票」の印刷のこが書いてあるのか、

探すことになります。

 

インターネットで検索する人は、

探す煩(わずら)わしさや、

面倒なことは極端に嫌いますので、

 

トップページを見て、

「伝票」印刷のことが感じ取れなければ、

ホームページ内で「伝票」を探すことを

煩(わずら)わしく思い、

"もどる(直帰)"の操作をし、

他のホームページを見に行きます。

 

3 ターゲットを地域と印刷の種類で絞る

「販売促進用印刷物承ります さいたま市・戸田市・蕨市

 サンプルページ

 

としますとに加えて、

印刷物の種類を「販売促進用印刷物」と

絞り込みましたので、

 

検索する人の目的は、

販売促進用の印刷物の作成をしたいが、

さいたま市・戸田市・蕨市でどこかいい所はないか

 

ということになり、

これに当てはまる方はよりも更に、

ホームページを見る本気度や真剣さが増します。

 

4 ターゲットを3の印刷の種類を更に絞り込み

地域と印刷の種類の品目で絞り込んで、

 

「チラシの印刷承ります さいたま市・戸田市・蕨市

 サンプルページ

 

としますと、に加えて、

販売促進印刷物の品目を

 

「チラシ」

 

と 絞り込みましたので、

 

検索する人の目的は、

チラシを作りたいが、

さいたま市・戸田市・蕨市で

どこか良い所はないか

 

ということになり、

ホームページを本気で真剣に見て、

良さそうな所だと思えば、

問い合わせをする方です。

 

5 ターゲットを更に業種や用途で絞り込む

「美容室のチラシ印刷承ります さいたま市・戸田市・蕨市」

 

のように

業種を「美容室」に絞り込むと、

 

さいたま市・戸田市・蕨市の美容室店で、

チラシを今直ぐにでも作りたいと考えている方で、

 

チラシを依頼して良いか悪いかを見極めるため、

ホームページを本気で真剣に見て、

納得すれば直ぐにでも問い合わせする方です。

 

弊社の絞り込みはここまでですが、

更に用途で絞ると

 

「美容室のセール(キャンペーン)のチラシ印刷承ります

さいたま市・戸田市・蕨市」

 

となります。

弊社では、ここまでの絞り込みは行っていません。

 

ターゲット絞り込みのアドバイス

 

まとめ

 

ターゲットの絞り込み度合いによって、

ホームページを見る方は、

どのような気持ちで見るのか。

 

以下は、

数字が大きいほどターゲットを絞り込んでいます。

 

-ホームページが表示された瞬間に

「ん ちがう」と直感し、

直ぐに"もどる(直帰)"の操作をし、

他のページを見に行きます。

 

この行動(直帰)は、

ほとんど無意識のうちの反射的な行動です。

 

-トップページをちょっと見て、

自分の見たいホームページと違うと思うと、

これもまた直ぐに"もどる(直帰)"の操作をし、

他のページを見に行きます。

 

-「もしかしたら自分にとって得たい情報があるかもしれない」と思い、

トップページを一通り目を通しますが、

その途中であっても、

思ったようなホームページでないと分れば、

"もどる(直帰)"の操作をし、

他のホームページを見に行きます。

 

-トップページを見た瞬間、

「あった!自分の目的の情報がありそうだ」

と思い、

ホームページ全体を本気で、しっかりと見ます。

 

このことは、

受注を頂いたお客様のアクセス解析を見れば(下記参照)、

本気で真剣に全ページをご覧になっていることが、

ハッキリと現れていて、

その本気さが私にも伝わってきます。

ホームページのアクセス解析
本気でホームページを見ている時のアクセス解析(忍者)

このお客様は、

今ご覧のこのホームページに、

時間は違いますが、

当日3回目のサイト来訪です。

 

これが、ターゲットを絞り込むということです。

 

追記今回は、金銭の要素を除いています。

 

「ターゲットの絞り込み」について、

それぞれの立場で解説している動画です。

参考にして下さい。

なぜターゲットを絞り込むのか?


これは酷い!ホームページ戦略 


WEB集客を成功させる為には、ターゲットの設定が大事!


以上

売り込みや説得は絶対にしません!約束です!

クリックするとプロフィールページへ
クリックするとプロフィールページへ
コメント: 0