ホームページ作成制作会社と依頼者との関係で料金と費用を考える

今回は、

小零細企業やお店や小規模事業が

対象になり、

 

その小規模ビジネスを

お客様の対象とする制作会社との関係です。

 

ホームページ制作は依頼者のオリジナルのホームページ!

企業や事業者は全て諸事情が違います。

 

業種やビジネスモデルでは

分類できますが、

 

  • 規模
  • 経営理念
  • 経営方針
  • 営業方針
  • 販売方式
  • 主力商材
  • 地域・立地
  • その他

 

などを全てを含めて考えれば、

全く同じ企業や事業所は

二つとありません。

 

あなたの企業や事業所は

世の中にたったひとつだけなのです。

 

ということは、

その企業や事業者が持つホームページは

その企業や事業者だけの

完全なオリジナルのホームページということになり、

同じホームページは絶対に二つは無いということです。

 

業種やビジネスモデルによっては

世間一般のイメージがありますから

見た目には

同じように見えるホームページでも、

内用まで同じホームページは絶対にありません。

 

HP制作費用は依頼者のホームページに求めるもので変わります

ホームページ制作の作業工程は複雑ですので

この記事では書きませんが…

 

どの工程でも選択肢と言うものがあります。

 

その選択肢は

あなたの

 

「ホームページに求めること」

 

によって決まり、

費用も変わります。

制作会社の見積もりがまちまちで悩む起業者

そんなこと言われたって分からないよなぁー

一例をあげますと、

今ご覧になっている

このホームページの一番上の大きな画像(ヘッダ画像)これ

このホームページのヘッダ画像
このホームページのヘッダ画像

このヘッダの基の購入した写真です

購入した元の写真
購入した元の写真

このヘッダに使用した写真

いくらだと思いますか?

 

一番小さい Sサイズ で

¥10,000-税別

 

です。

値段を無視して探しましたから、

購入の手続きの段階で気がつき、

正直私は驚きました。

 

それに、

ホームページに使う写真が

1枚ですむと思いますか?

 

それを、

写真の良し悪しは別として、

 

お客様から支給された写真を使えば

編集料は必用ですが

写真購入代金は 0円 です。

 

また、

依頼者の特徴が表現できる

写真が必要であれば、

プロのカメラマンが撮影することになります。

 

さらに、

プロのカメラマンにもランク付けがあり

そのランクが上位にあるカメラマンほど

料金も高くなります。

 

そしてこれも

依頼者がホームページに望む内容によって

どうするかを決めます。

 

このことは全ての作業工程でも言えることで、

選択肢のどれにするかは

全て「あなたのホームページに望む内容」で

決まります。

 

勿論、

依頼者と制作側との合意のもとに進めるのは、

言うまでもありません。

 

例えば、

ホームページ制作で

依頼者の一番望むことが

 

「できるだけお金をかけたくない」

 

であれば、

写真を支給してもらい、

プロのコピーライターを使った原稿作りはせず、

依頼主が考えた原稿を預かり、

 

ホームページ作成管理システムも

無料のものを使用し、

内容によっては

1ページで収まるようなら

1ページに全部収めます。

 注意:必要なページもありますので最低3ページ必要です。

 

そして、

Webデザイナーを使わず

私が制作します。

 

これですと

めちゃくちゃ安くホームページが作れます。 

 

ホームページ制作会社も色々 作成料金や追加費用もまちまち!

では、

 

「ホームページを ○○ページ で ○○万円 で制作します」

 

と宣伝している制作業者はどうでしょうか。

 

先の記事では

依頼者の

 

「ホームページに求めること」

 

が判断基準だったのに対しこの場合は、

制作会社の

 

「制作予算」

 

が判断基準になり、

予算ありきで、

制作予算内で出来る範囲の選択肢になります。

 

この「制作予算」とは、

制作会社が

その制作プランの見込み客の対象としている人(ターゲット)を

考慮して決める制作料金です。

 

初めてのホームページだからどのくらいの費用をかけていいのか悩む事業主
初めてのホームページだから
どのくらいの予算をかけて
どこまでのホームページを作ったら良いのか…

どちらがどうのと言うことではなく、

資本主義社会ですから

色々なホームページ制作業者がいるのは

当たり前のことですから、

 

どちらを選ぶかは

 

「あなた(依頼者)が決めること」

 

で、

あなたに合った制作会社を

選べば良いのです。

 

そしてあなたは、

ホームページが出来上がった後に

 

「こんなはずじゃなかった」

 

という

トラブルや不満を避けるためにも、

このことは充分理解して

依頼するホームページ制作会社を決めましょう。

 

すべては、

あなたの

「ホームページとはどのようなものなのか」

を知る努力と、

 

制作会社の調査(下調べ)を

しっかりとしたうえでの

判断次第です。

 

もし、

何を基に判断したらよいのかが分らなければ、

私(新井)にお電話下さい。

売り込みやセールスは一切しませんので、

安心してお電話下さい。

 

以上

 

売り込みや説得は絶対にしません!約束です!

クリックするとプロフィールページへ
クリックするとプロフィールページへ
コメント: 0