ホームページ作成方法の種類と選び方

ホームページの制作料金は

一言で言って「ピンからキリ」まであります。

 
料金が決まる要素は、大きく分けて次の三つです。

 

  • ホームページの制作方法
  • 制作会社の規模
  • 制作会社の営業方針

 
に分類できます。

 

このブログ記事では、

「ホームページの制作方法」を取り上げます。

 
ホームページが出現してから約15年、

当初ホームページ作成は、

「HTML」「CSS」というホームページの言語で

制作していましたが、

ホームページ作成技術も日進月歩で、

ホームページを作るための

「ソフトウェア・アプリケーション」が

次々と数多く開発されました。

 
現在では、「HTML」「CSS」の知識が全くなくても、

ホームページを作ることができるようになりました。

 

このような

「ソフトウェア・アプリケーション」のことを

CMS「コンテンツマネジメントシステム」と、

称しています。

 

現在、主だったCMSは約20種前後あり、

中には、

無料版と有料版を設けているシステム(CMS)もあります。

 

CMSホームページ作成管理システム

 代表的なものは

「WordPress(ワードプレス)」があります。

 

また、無料版と有料版のあるものがあります。

 

主な違いは、

広告が表示されないこと、

独自ドメインが使用できること、

設定(SEO対策)を詳細にできることです。

 

弊社では、昨年の暮れから年始にかけて、

Jimdo(ジンドゥー無料版)で作成した

ホームページサイトのうち、

無料版と有料版との違いを知るため、

三つのホームページサイトを

JimdoPro(ジンドゥー有料版)に移行して、

運営を始めました。

 
Jimdo ジンドゥーの有料版と無料版の違いは、

 

  • 広告の削除
  • 独自ドメイン
  • SEO対策が詳細に設定ができる
  • ホームページを構成するパーツ(主にレイアウトや背景)種類が多い
  • アクセス解析ができる

 

の違いがあり、

サイトを運営するうえで、

無料版より有利なことを、

私は体験して分かりました。

 
また、このCMSホームページ作成管理システムは、

自分で編集や更新ができますので、

ホームページの運用管理費や、

編集更新費用は一切かかりませんが、

有料版があるシステム(CMS)は、

システムの使用料を年間契約をし、

その契約を毎年更新することになります。

 

JimdoPro(ジンドゥープロ)の場合は

年間 ¥11,340円です。(平成27年1月現在です)

 

参考ホームページサイト

 

1-Wordpressワードプレスで作成した弊社のホームページ

 

2-Jimdoジンドゥーで作成した弊社のホームページ

 

 

Jimdoジンドゥーでホームページを自作
僕にもJimdoジンドゥーが使えるようになりました!

 


このホームページ作成法は、

スモールビジネスや個人事業主様、

店舗ビジネス、

そして、お知らせやセールス内容などを

頻繁に変えて更新したい方に向いています。

 

お手ごろな料金でホームページを作成している

ホームページ制作会社のほとんどは、

このシステム(CMS)を使用して

ホームページを作成しています。

 

弊社も同様です。 

 

CMSの特徴と注意点

レンタルサーバー契約の必用なものと、

必要ないものがあります。

参考レンタルサーバー動画ページ

 

 WordPress(ワードプレス)など、

一部のCMSホームページ作成システムによっては、

編集・更新・運用するにあたって、

若干(じゃっかん)の専門知識が

必要なものもありますので、

ホームページ作成依頼先とよく打ち合せをし、

ご自分で「編集・更新・運用」できるように

ホームページを制作することが大事です。

 

私は、

Jimdo(ジンドゥー無料版)」を利用して

15ホームページサイトを開設し運営していますが、

他のシステム(CMS)を

利用したことがありませんので、

他のシステム(CMS)のことは分りません。

参考ホームページサイト

1-http://tachibanass.jimdo.com/

2-http://www.chie-ayado.com/

 

このCMSによるホームページ作成方法は、

文字入力ができる人であれば、

割合簡単にホームページを作ることができます。

 

が、そのホームページを作る目的が、

「プライベート用」や「趣味」の

ホームページであれば問題ないのですが、

「ビジネス用のホームページ」

「集客のためのホームページ」

であれば、どうでしょうか?

 

目的を果(はた)せる作りができますか?

 

目的を果せる作りになっていなければ、

そのホームページを作成したことが

仇(あだ)になり、

 

なんだこのホームページは、ダメだコリャ、

いい加減なとこだ

 

という烙印(らくいん)を押されてしまい、

二度とそのホームページを見ることは

絶対にありません。

 
「ビジネス用のホームページ」

「集客のためのホームページ」

 

を目的として作成するホームページであれば、

目的を果せるホームページの作り(出来栄え)の

ための「知識」が、ある程度は必要です。

 

もし、その知識がなければ、

知識を得るための「勉強」と「努力」が必要です。

 
ある人が、ある目的のために検索サイトで検索し、

あなたのホームページに訪れた時、

ホームページに訪れた人にとっては、

 

あなたの都合や好みや自己満足は、

全く、どうでもいいことなのです。

 

ホームページの出来栄え(作り)が全てです。

このことは、とても重要なことですので、

しっかりと、胆(きも)に銘(めい)じて下さい。

「無料版」「有料版」

がありますが、

若干の機能の違いがあっても、

出来栄え(作り)には、

殆(ほとん)ど関係ありません。

 

私の場合は、

弊社は印刷を本業として起業し、

DTP編集「パソコンを使った印刷物の編集」を

永年やってきましたので、

仕事で使用するための

パソコンの知識と操作と扱い、

デザイナーを使わない簡単なチラシなどは、

私が作成してきましたので、

デザインのセンスはありませんが、

見た目の体裁(ていさい)を整えることはできます。

 

あとは、私の個性を前面に出すことで、

ビジネスに使えるホームページに

育てることができると考えています。

 

 

ホームページを見る人を意識する
私はこれで良いと思うんだけれど、見る人はどう思うんだろう・・・

HTML(言語)やCSS

HTML(言語)やCSS(言語の指示書のようなもの)で

作成するホームページは、

レンタルサーバー契約が必要になります。

 
ホームページが出現した頃は、

この方式で作成していました。

 

この方式は全くの手作りですので、

デザインとオリジナル性を重視した、

ホームページを望む方にむいており、

貫禄や風格のある

立派なホームページ作成するには

この制作方法しかありません。

 

が、Webデザイナーの能力にもよります。

 
しかし、全くの手作りのため時間がかかり、

作成できる者は、

専門知識のあるWebデザイナーだけですから

料金も桁が違います。

 

そして、原則として作成した人だけにしか、

修正や変更、ホームページの更新ができないので、

制作費の他に維持費や管理費や、

変更や更新のたびに料金が発生します。

 
参考ホームページサイト

 

1-http://toyota.jp/index.html

 

2-http://officearai.net/

規模は小さいですが弊社手作りの

メインホームページです。

(注メニューにある「ホームページ作成」はこのサイトに、「各種看板」は私自作のサイトにリンクしています)

 
このホームページ作成方法は、

資金力があって、

ホームページサイトの運用と管理は、

全て専門家に任せ、

サイトの持ち主は、

本業に専念するという、

お考えの方に向いています。

 

以上

売り込みや説得は絶対にしません!約束です!

クリックするとプロフィールページへ
クリックするとプロフィールページへ
コメント: 0