· 

新規集客が目的のホームページとチラシの違い 情報量

今シリーズの3回目、

情報量を考えます。

 

集客チラシの情報量

集客チラシは、

集客するためのチラシの作り方というものがありますから、

思いつきの情報を盛り込むというわけにはいきません。

 

スペースの限られた一枚の紙に

お客の対象となる人で

見てもらいたい人(ターゲット)をしぼり、

 

チラシに載せた商品やサービスを

購入又は利用することによって、

 

買い手にとって

 

「このような良いこと(メリット)がありますよ(得られますよ)」

 

ということを知らせます。

 

整体整骨鍼灸理療院の集客チラシ
治療院の集客チラシ…

興味を持った人には、

その人のための特別な販売や利用条件を提示し、

 

「だったら」

 

と思った人に対して、

行動を促(うなが)します。

 

その行動は、

  • お問い合わせ
  • 資料請求
  • 購入
  • ご来店
  • ご相談

で、

自然な流れで、

分かり易く明確に書きます。

 

集客チラシには、

このような特性があるため、

商品やサービスを複数盛り込むことは出来ず、

情報量が増えることはありません。

 

集客チラシの情報は

「量」よりも「質」です。

 

が、

コピーライティングの知識が

集客チラシの原稿作りには、

欠かせない大きな大きな要素です!

 

ホームページWebサイトの情報量

では、

ホームページはどうかといいますと、

ホームページは一枚の紙面ではなく、

個々の目的で作ったページの集合体「冊子」です。

 

ページ毎に内容が変わり

そのページの内容が一目で分かる「見出し」を付け、

その「見出し」の表示が

ホームページの

「サイトメニュー(目次の大見出し)」です。

 

このサイトメニューは別名

 

「グローバルナビゲーション」

「ナビゲーションメニュー」

 

とも言われています。

ホームページのサイトメニュー
一番上の女性の写真の下の縦3行に並んでいる部分がサイトメニューです…

 

この「大見出し」の章に

文脈や内容の変わる情報があれば、

大見出しの下に「中見出し」のページを作り

 

その「中見出し」の章でも

文脈や内容が変われば「小見出し」のページを

作ることになります

 

このメニューの構造は

ホームページWebサイトに訪れた人にとって、

自分の見たい情報が

ホームページのどこにあるかが

メニューによって簡単に探せることができ、

ホームページを見る人にとって

分かりやすく親切な作りとなるわけです。

 

このようにホームページは、

必要な情報があれば、

その情報に「見出し」を付け、

必用なだけページを増やすことが出来わけです。

(サーバーの保有している容量はこの際無視)

 

ホームページWebサイトは、

必要な情報を必要なだけ増やすことが出来る、

情報の集合体とも言えるのです。

 

-参考-

今ご覧のこのホームページのメニューは、

一番上の写真の下の

白地に黒い文字で

縦に5行に並んでいる部分で、

ひとつひとつが大見出しになっています。

 

クリックすると

その大見出しの中の

中見出しが右の列に表示され、

 

その中見出しをクリックすると、

その下に

小見出しのページが表示されます。

 

このサイトのページ数は

181 ページです(2018.06.05)

 

以上

売り込みや説得は絶対にしません!約束です!

クリックするとプロフィールページへ
クリックするとプロフィールページへ
コメント: 0