· 

SEO対策内部対策の秘訣 本当は誰が行うべきか知っていますか?

ホームページの制作技術は

日進月歩で技術革新し

更にこれからも技術革新し続けることでしょう。

 

また、

SEO対策を考える上では、

 

検索サイトの大手「グーグル」の

検索表示順位を決める事柄(アルゴリズム)も変化し、

ホームページが登場したころから考えれば

大きく変りました。

 

それに加えて

インターネットを利用する端末機も

大きく進化発展し、

 

消費者の購買行動を変える事態にまで

強烈な影響を与えました。

 

このような変化のあった今の

SEO対策を考えて見ましょう。

 

SEO内部対策を成功させる4つの秘訣!

SEO対策と言えば、

「内部対策」と「外部対策」がありますが、

今回は「内部対策」を取り上げます。

 

SEO内部対策は誰が行えば良いと思いますか?

 

と問いかけられたら

あなたは

 

  • ホームページ制作会社
  • SEO対策会社
  • ホームページコンサルタント
  • Webコンサルタント
  • 自分

 

のどれだと思いますか?

 

SEO対策を考えるホームページ更新係りのOL
誰と聞かれてもねー ホームページ制作会社じゃないの!

この記事を読んでいくうちに

おのずと分ってくると思います。

 

 

SEO内部対策の秘訣 その

検索ユーザーのことを良く理解していること

何でもそうですが、

戦略や戦術は

 

「相手を知ることが先決!」

 

だと古今東西言われています。

 

SEO対策もおなじで、

相手が検索ユーザーですから

検索ユーザーのことを良く理解していることが必須!

 

検索ユーザーは

どのような思いで

「キーワード」を入力しているかを

理解することで

 

「だったらこうしよう!」

 

が 思いつくのです。

 

検索ユーザーの目的.気持ちの特徴を考える
なるほどー 言われてみればなんとなく‥

このことが分らなければ、

ホームページWebサイトの内容と目的が

キーワードと合わなくなり、

 

ホームページWebサイトに

訪れた検索ユーザーは

 

「話が違う」

 

「人を釣るためのキーワードだったのか」

 

と 不信感を持ち

画面の「戻る」ボタンをクリック(直帰)して

次のWebサイトを見に行くのです。

 

 

SEO内部対策の秘訣 その

ホームページWebサイトのページ構成や内容を把握していること!

SEO対策の「キーワード」を選定する上で

欠かせないのが、

ホームページWebサイトの内容と作りの把握です。

 

なぜだと思いますか?

SEO対策するにはホームページの内容が分っていること
そんなこと言ったって自分で作ったわけじゃないから分らないよ‥

それは、

ホームページは

検索される「キーワード」に即した内容や作りに

なっていることが絶対で、

 

キーワードを考え直す事態になった時、

キーワードを変えるとなると、

ホームページ内の何処のどの部分を

どのように変更したら良いか、

 

新しい内容のページを

追加すればよいのかが

分らないからです。

 

分らなければどうなるか?

 

キーワードだけを変えることになり、

ホームページWebサイトの内容や作りが

キーワードに合わなくなってしまい、

 

検索ユーザーは

入力したキーワードと合わない

ホームページWebサイトは

 

「話しが違う」

 

すぐ戻るボタンで検索サイトに戻り(直帰)

次のホームページWebサイトに行くのです。

 

 

SEO内部対策の秘訣 その

SEO対策の内部対策とはどのようなものなのかを理解していること!

SEO内部対策とは一言で言うと、

 

ホームページWebサイトに訪れる人の選別

 

です。

SEO対策に悩む経営者
えー SEO対策は見る人の選別 どういうことよ?

このことを熟知していないと

見込み客の対象(ターゲット)を

篩(ふるい)にかけてしまう「キーワード」を選定したり、

 

本来の見込み客でない対象(ターゲット)に向けた

「キーワード」を選定してしまい、

ホームページWebサイトと

SEO対策が「チグハグ状態」に陥ります。

 

本来、

SEO内部対策は、

 

ホームページを作るための原稿を作る時点で

SEOを意識して原稿作りをしなければ

いけないのです。

 

そして大切なのは、

文章の見出しです。

 

重要度順に

 段落タグ↓     ↓このホームページで言えば

「大見出し(h1タグ)」一番上の黒い大きな文字

 

「中見出し(h2タグ)」大きな青い文字

 

「小見出し(h3タグ)」本文よりチョット大きい茶色の文字

 

です。

図1

検索サイトグーグルの検索結果に表示された当社のホームページWebサイト
検索サイトグーグルの検索結果に表示された当社のホームページWebサイト

 

一般的には

ホームページWebサイトの

 

タイトル(サイトタイトル)

 >図1の上の大きい1行の青文字部分

 

概要(ディスプリクション)

 >図1の小さい黒文字の5行の部分

 

のことは良く取り上げられていますが、

 

グーグルは、

検索キーワードに対して

相応(ふさわ)しいと判断した順に

Webサイトを表示します。

 

その「相応しい」と判断する根拠は

ホームページWebサイトの

専門性(質・クオリティ)です。

 

その根拠の「専門性」は

ホームページの内容(テキストデータ)で判断し、

 

文章には何が書いてあるのかを

表現した各文章の「見出し文字」を

重視するのです。

 

そのため、

選定した変更するキーワードによっては、

 

ホームページの内容も

選定したキーワードに合わせて

大幅に変更することにもなるのです。

 

 

SEO内部対策の秘訣 その

ホームページWebサイトの持ち主のビジネスのことを熟知していること!

人はたいてい、

自分のビジネスやご商売、

又は関係するビジネス以外には、

世間一般的な知識しかありません。

 

もし、いるとすれば、

 

ビジネスコンサルタント

経営コンサルタント

集客コンサルタント

マーケティングコンサルタント

 

の専門知識を持った一部の人たちだけです。

 

SEO対策を任せていたホームページ制作会社に不振を持つ経営者
言われてみれば 確かに‥

しかし、

今現在のあなた様のビジネスやご商売の事情を

一番熟知しているのは

あなた様(ホームページの持ち主)です。

 

あなた様のビジネスを熟知していなければ、

SEO内部対策を全て

 

想像

 

で 行うことになり、

根拠のないSEO内部対策をしてしまうのです。

 

SEO対策の内部対策 本当は誰が行うべきか!

ここまで記事を読んでみて

どのようなお考えになりましたか?

 

最初の問いかけの

 

SEO内部対策は誰が行えば良いと思いますか?

 

今なら、あなたは

 

  • ホームページ制作会社
  • SEO対策会社
  • ホームページコンサルタント
  • Webコンサルタント
  • 自分

 

のどれだと思うようになりましたか?

SEO対策を自分でやるかどうか悩む社長

やっぱり自分でやらないとダメなんだろうなー

SEO対策の内部対策は自分でやるべき!

ここまで書いたことを

全て満たすことができるのは、

 

  • ホームページ制作会社
  • SEO対策会社
  • ホームページコンサルタント
  • Webコンサルタント

 

ですか?

 

ハッキリ言います!

 

あなた様(自分)

 

しかいないのです!

 

なぜか!

 

あなた様のビジネスやご商売を熟知しているのは

あなた様だからです。

 

他の人は

自分の立場であなた様のビジネスを見ているのです。

 

その人たちが

あなた様のビジネスやご商売を知るために

本気で寝る間も惜しんで

知る努力をしますか!

 

しかし、

あなた様にとっては自分のことです。

 

当然自分のビジネスのことですから

そのためにSEO対策の内部対策が

自分のビジネスのために必要なことだと

あなた様が本気で勉強すれば

 

必ずできることです!

 

SEO対策が自分でできるようになると大きな変化が!

SEO対策のことが分っていなければ、

気になるのはただひとつ

 

検索サイト(グーグルやヤフー)の

検索結果表示の順位だけです。

 

言葉通り結果を知るというだけで、

その結果に対して

 

「何でなんだ」

「どうしてなんだ」

「じゃーどうしたら良いんだ」

 

の考えが全くない(分らない)のです。

 

検索順位が低いことに考え込む美容室のオーナー
検索順位がなかなか上がらないわね‥

ということは、

 

ホームページWebサイトは

ビジネスやご商売に役に立つ

 

「道具」

 

にはなっておらず

ホームページWebサイトと言うものを

ただ持っているだけという

 

「持ち物」

 

になっているのです。

 

これが、

SEO対策を本気で取り組むと、

検索結果表示順位の結果に対して

 

「何でなんだ」

「どうしてなんだ(分析)」

「じゃー どうしたら良いんだ」

「ここを変えてみたらどうだ(仮説を立て実行)」

「どうなった!(検証)」

 

と言うことを

考えるようになります。

 

そうなると

自分でそのことを追求する習慣がつき

何をしたら良いかが分るようになるのです。

 

そうなれば、

黙っててもSEO内部対策の知識のみならず

このページの上部に書いた青い文字の見出し

 

「SEO内部対策を成功させる4つの秘訣!」

 

の「4つの秘訣」を一体として

考えるようになり、

 

「じゃー どうしたら良いか」

 

が 考えつくようになるのです。

 

そうなればホームページWebサイトは

「持ち物」ではなく

あなた様のビジネスやご商売にとっての

 

「道具」

 

となり、

 

「道具」は使い方しだい!

 

と言うことで

色々試行錯誤をかさね、

 

状況に応じた

適切なSEO内部対策ができる知識を蓄積更新し、

判断する能力が高まるのです。

 

この経験による現実の知識を得れば、

制作会社やSEO対策業者の

SEO対策の話しなどは

どうでもいい話しに聞こえるようになります。

 

なにせ自分で現実のSEO対策ができるのですから!

 

日々の体験があなたに

本当の知識を教えてくれ、

その知識をどんどん更新蓄積をしていき、

 

更に

あなた様のビジネスやご商売にとっての

 

ホームページWebサイトの利用の仕方!

 

インターネットの利用の仕方!

 

が 分るようになるのです。

 

このことが

SEO内部対策が自分でできるようになる

最大の

 

「価値(メリット)」

 

で、

あなた様の

ビジネスにおいての財産となります!

 

SEO対策を自分でやることを決心した経営者

迷っている時間がもったいない!自分のことだ!

-追伸-

この記事は、

今 64歳の私が

ここ3年半かけて体験し

学んだことを書きました。

 

あなた様にできないわけがない!

 

やる気が本気か!

本気が本物か!

 

どうかの問題だけです!

 

応援しています!

 

以上

 

関連記事

 071 検索キーワードで分るホームページWebサイト訪問者の目的そしてSEO内部対策

売り込みや説得は絶対にしません!約束です!

クリックするとプロフィールページへ
クリックするとプロフィールページへ
コメント: 0