SEO 検索キーワードで分るホームページWebサイト訪問者の目的

 

アクセス解析で、

どのようなキーワードで検索したかで

検索する人の目的が推測できます。

 

検索キーワードで分る検索目的

検索キーワードで検索目的が分りま~す!
検索キーワードで検索目的が分りま~す!

ホームページWebサイトに訪れる

検索キーワードを知るためには、

アクセス解析なるものを

ホームページに設置する必要があります。

 

弊社のように、

ホームページの目的が

 

「集客」「販売」

 

のホームページWebサイトの場合には、

検索キーワードが

 

  1. 購入先を探しているキーワード
  2. あることを知りたいが目的のキーワード

 

の二つがあります。

 

弊社の場合、

ブログは全てホームページの中に

組み入れておりますが、

1.の購入先を探しているキーワードでは、

ホームページのページ(殆どがトップページ)が

検索結果に表示され、

ホームページ本体を見ることになります。

 

2.のあることを知りたいが目的のキーワードでは、

ブログのページが検索結果に表示され、

検索した人はブログページを見ることになります。

 

これから書くことは、

ホームページWebサイトを

自分で更新や運用管理の出来ることが

大前提となります。

 

 

SEO対策にこのキーワードが鍵を握る

 

SEO対策には、

「内部対策」と「外部対策」がありますが、

自分で出来るのが「内部対策」です。

 

 

ホームページWebサイトの目的が

「販売」や「集客」であれば、

1.の購入先を探しているキーワードどが

とても重要になります。

 

SEOの内部対策として、

このキーワードを意識(重視)した

ホームページの語句や文章構成が

とても重要になります。

特に見出し

 

「大見出し」「中見出し」「小見出し」

 

には、充分な配慮が大切です。

 

また、ホームページ内の語句や文章の中にも、

このキーワードを意識した語句や文章作りが

大切になります。

 

とはいえ、

あまりにも過剰に神経質になりすぎて、

語句や文章が不自然になりますと、

逆効果になってしまいますので、

注意が必要です。

 

SEO内部対策に有効なブログ

お気に入りのブログを楽しく読むブログファン
お気に入りのブログを楽しく読むブログファン

2.のあることを知りたいが目的のキーワードは、

目的があくまでも「知りたい」ですから、

集客や販売につながることは

殆どありません。

 

でも、

検索キーワードでブログが件結果に表示され、

検索した人がブログに訪れれば

ホームページの中にブログがあるため、

ホームページに訪れたことになります。

アクセス数は、

多ければ多いほど

SEO内部対策に有効の度合いが

高まりますので、

ホームページの中にブログを組み入れることは

SEO内部対策の面から見ても必用なことです。

 

ブログは、

2.のあることを知りたいが目的のキーワードを

充分に考慮したブログのタイトル、

そしてブログの記事を書くようにします。

 

ホームページは一度見たら

なかなか二度目のホームページWebサイト訪問は

望めませんが、

ブログは、

記事の内容が、

ブログに訪れる人にとって

有益なブログ記事であれば

何度でもサイトに訪れてきます。

 

ブログの記事の質(クオリティー)によっては、

サイトへのアクセス数が大幅に多くなり、

SEO内部対策にとって欠かせない

大きな存在にもなります。

 

以上

 

関連記事

 SEO対策内部対策の秘訣 本当は誰が行うべきか知っていますか?

売り込みや説得は絶対にしません!約束です!

クリックするとプロフィールページへ
クリックするとプロフィールページへ
コメント: 0