無料のホームページ作成管理システムCMSその2デザインと編集能力

 私は、Jimdoジンドゥーを利用してから

一年半経ちますが、

その経験を基にこのブログを書きます。

ホームページが自分で作れたことに感動!

Jimdoジンドゥーを使って、

一番最初に手がけたホームページサイトは、

今皆様がご覧になっているこのホームページです。

 

無料版と有料版とがありましたが、

 

「ホームページを自作して集客できるようになること」

 

が目的でしたから、

基本を覚えるのは「無料版」の方が

良いだろうと考えて「無料版」にしました。

 

なんといっても

 

「ホームページが自分で作れる」

 

ということに興奮していました。

Jimdoジンドゥーに挑戦
本当に自分でホームページが作れるのか・・・

余談ですが、

私は十数年前に、

「ホームページビルダー」に挑戦しましたが、

難しくて見事に脱落した経験があります。

 

作業開始。

 

使い方は約一ヶ月間予習をしましたので、

実際にホームページの制作に取りかかってみると、

思っていたよりも速やかに作業が進み、

一週間で最初のホームページができました。

 

今ご覧になっているこのホームページが

その時のホームページですが、

レイアウト「ホームページの基本デザイン」

は、その時のレイアウトです。

(注意:2015年12月に今のこの新しいレイアウトに変更しました)

 

この時のJimdoジンドゥーに対する感想が、

 

・今まで必用と言われていた専門知識が、

 全く必要ない。

 

・積み木を積み立てていくような感じで、

 覚えやすく使い勝手が良い。

 

でした。

総評として「面白い」「楽しい」と思いました。

確かに初心者でも簡単にホームページが作れるシステムですが、それは・・・! 編集能力

Jimdoジンドゥーを使い始めてから

一年半経った今の感想を述べます。

 

やはり初心者でも簡単にホームページが作れる

システムサービスです。

Wixウィックスでホームページを自作
自分でホームページを作ったぞ!これで俺もホームページを持ったぞ!

どういうことが?

 

初心者でも理解できる編集しか

できないということです。

 

すなわち

Jimdoジンドゥーは、

 

あくまでも素人向けの

ホームページ作成システムであって、

プロのホームページ制作者向けではないと

いうことです。

 

プロのホームページ制作クリエーターが

Jimdoジンドゥーを使ってホームページを作れば、

思うようにいかないことが多く、

とても満足できるホームページは作れない

ということになるでしょう。

 

日本語の扱いと編集能力は初心者レベル

私は「DTP(パソコンによる紙面の編集)」の

オペレーターをしていますので、

仕事でイラストレータ・フォトショップ・インデザイン などの

ソフトを使っていますから、

よけいに感じるのだと思いますが。

 

一年半もJimdoジンドゥーを使い込んでいますと、

ちょこちょこと不満が出てきました。

 

あくまでもJimdoジンドゥーに備わっている

基本の機能でのことですが、

 

今一番不満を思っているのは、

テキスト(文字や文章)の編集能力です。

 

テキストの編集能力が低いために、

目的があって内容を修正変更したり、

コンテンツ(データ)追加するのに

見た目のバランス(収まり)が悪いのです。

 

例えば、

ボックス内の文字のサイズを小さくしても

行間が変わらないため 間がぬけるとか。

 

ページの編集では、

テキストボックス(文字の入る枠)の個々に

テキストの詳細な編集ができないと、

そのページに収めることや、

 

収めたとしても収まりが悪く、

ページ全体のバランスをとることが難しくなります。

 

そのため、

ページ内にデータ(コンテンツ)が増えれば増えるほど、

見た目に素人感が出てしまうのです。

 

ホームページのデザイン「レイアウト」は欧文向き

Jimdoジンドゥーは、

ドイツで開発されたシステムなので、

開発段階では日本語は考慮されていないのです。

 

すなわち、

基本で備わっている

ホームページのデザイン「レイアウト」が

日本語に向いていないのです。

 

これは、Jimdoジンドゥーを使い込んでいると

多くの人に出てくる不満だとお思います。

まとめ

日本でJimdoジンドゥーを普及させるなら、

第一に、

Jimdoジンドゥーを利用する

日本人の立場で考えてもらいたい。

 

日本人(日本語)にとって

どのような編集機能が必要かを

本気で考えてもらいたい。

 

そのためには先ず

日本語に適した

ホームページのレイアウト(基本デザイン)を

考えてもらいたい。

 

そして、

日本語にふさわしい編集能力を

備えてもらいたい。

 

Jimdoジンドゥーさんよ 横着(おおちゃく)をするな!

 

自動車だって

日本人向けに右ハンドルになっているじゃないか!

 

※お断り:あくまでも私個人の主観で、

Jimdoジンドゥー以外のシステムは

使ったことがありません。

 

つづく

売り込みや説得は絶対にしません!約束です!

クリックするとプロフィールページへ
クリックするとプロフィールページへ
コメント: 0