不特定多数の人に見てもらう為の手段は検索サイトに登録とキーワード

 

前回のブログで書きましたが、

 

作成したホームページを

インターネット上に設置しただけでは、

 

設置したホームページのある場所の住所

「ホームページアドレス」を

知らない人は見ることが出ません。

 

「ホームページアドレス」を

知らない人に見てもらうための

役割りを担っているのが、

「ヤフー」や「グーグル」などの「検索サイト」です。

 

それぞれの「検索サイト」には「検索エンジン」があり

 その検索エンジンの「登録台帳」に登録するのです。

 

検索サイト ヤフー.グーグル に登録
なるほど

ホームページは、

もともと検索エンジンに登録することが

前提になっていますので、

 

ホームページのデータの中に、

検索エンジンの「登録台帳」に

登録する情報が記述されていますので、

 

ホームページを検索サイトに登録すると、

検索エンジンはその情報を読みに行って

「登録台帳」に記録します。

 

登録される情報で、特に重要な情報は

 

・サイトタイトル( title )

 検索された時に表示されるホームページの名称

 

・説明( description )

 検索された時に表示されるホームページの概略

 

・キーワード( keywords )

 どのような言葉や語句で検索された時に表示したいか

 (複数)

※グーグルは 2017年にキーワード設定を考慮しないと発表

 

で、この情報が「登録台帳」に登録されます。

 

ある語句「キーワード」を入力して検索された時に

検索エンジンは、この「登録台帳」に、

入力されたキーワードに当てはまるホームページを

「登録台帳」へ探しに行き、

 

探し当てたホームページを更に

入力されたキーワードに

関連性の高い順(検索順位)に表示します。

 

この作業を瞬時に行うのです

凄いですネ!

 

下記は弊社の 検索エンジン「登録台帳」登録情報です

 

・サイトタイトル

「さいたま市・戸田市・蕨市の各種印刷承ります。地域 ... 」

 

・説明

さいたま市、戸田市、蕨市の各種印刷物

ます。対面の打ち合わせを重視。名刺1箱の

印刷物でも打ち合わせにお伺いし、直納する、

地域密着印刷会社、さいたま市の印刷会社です」

 

・キーワード

「 印刷 さいたま市 戸田市 蕨市」他複数あり

 

「ヤフー」や「グーグル」で「 印刷 さいたま市 」で検索すると

検索結果の表示

このように表示されます。

 

弊社の事例で分かるように、

さいたま市で印刷会社を探している人が、

「さいたま市 印刷」と入力して検索すると、

上記のように弊社が検索され、

表示されるのです。

 

このことにより、

弊社のホームページを見ることができ、

弊社の存在を知らない人が

弊社の存在を知ることになるのです。

 

インターネット上の検索サイトの役目

 

もし、「ヤフー」や「グーグル」のような

「検索サイト」がなければ、

 

ホームページアドレスを知らないと、

あなたの存在を知らない人に

あなたのホームページを見ることは

絶対にないのです。

 

そして

 

キーワードを入力して検索する

 

という行為もないのです。

 

以上

売り込みや説得は絶対にしません!約束です!

クリックするとプロフィールページへ
クリックするとプロフィールページへ
コメント: 0