ホームページに訪れる人の目的と検索キーワード

ホームページに訪れる人の目的は、

大きく分けて 2つあります。

それは

 

  • 相手の確認
  • 相手を探す

 

の二つです。

 

相手の確認を目的の人に見せるホームページとは

私も自分のことを考えてみると、

 

このような相手を耳にしたけど、

関心のあることに関係する相手だから

その相手をネットで確認してみるか

 

と、インターネットで相手の名前を入力して検索します。

 

友人から聞いた相手をホームページで確認
新井さんから聞いて名前で検索してホームページを見てるけど
信用できそうな感じね…

このような動機の人のホームページに訪れる目的は

 

相手の確認

 

です。

 

ですからホームページのつくりは、

 

信頼できそうだ

良さそうだ

 

と思ってもらえるホームページのつくりにしなければなりません。

 

あまり細かなことは書かず、

 

  • 立派
  • 綺麗
  • カッコいい

 

で、見た目(イメージ)を重視します。

紙媒体(印刷物)で言うと、

 

企業であれば 会社案内

お店であれば 店舗案内・パンフレット

 

の作りにすることが重要になります。

 

相手を探す目的の人に見せるホームページとは

相手を探す目的の人に見せるホームページとは

どのようなものか?

 

分りやすいように弊社を例にして説明しますが、

 

「ホームページ作成」といっても、

 

  • 初めてのホームページなので不安を感じている
  • 自分で更新や運用をやりたいと思っている
  • ホームページを自分で作りたいと思っている
  • ホームページを作りたいと思っているけど、ホームページの知識が無く、また知人や友人に相談できる人もいないので、どのように考え、どのように行動していいか分らないで困っている

 

の思いを持っている人がいるわけです。

 

そして、

この人たちは、

自分の思いや悩みを解消するための相手を

「キーワード」を駆使して検索し相手を探しますので、

同じキーワードには絶対になりません。

キーワード:グーグルやヤフーなどの検索サイトで、相手を探す為に文字を入力する枠に入力する文字や言葉のこと

 

そのため、

その検索した「キーワード」に合ったホームページを作ることが

とても重要になります。

 

検索したキーワードと違う内容にがっかり

ちゃんとしたキーワードで検索したのに ホームページの内容が違うじゃない!

何故か?

自分の思いをこめた「キーワード」を入力して検索したのに、

そのキーワードと合ったホームページの作り(内容)になっていなければ、

 

なんだ、話しが違うな

 

と、直ぐに次の相手(ホームページ)を探しに行くからです。

 

ビジネス用途のホームページのあり方

このようにホームページに訪れる検索ユーザーは

大きく二つに分かれますので、

当然ホームページは

最低でも二つは必要だということになります。

 

このような考えから、

弊社の運用するホームページは 28サイト、

スマートフォン専用ホームページが 8サイト、

計 27サイトを運営する結果となっているのです。

(2018.04.01現在)

 

この考え方は、

集客できるホームページを作るためには

どのようにしたら良いかを

本気で取り組んできて得た私の考え方です。

 

もっと詳しい話しを聞きたいと思いましたら、

私(新井)にお電話下さい。

 

専門用語を分かる言葉に換えて、

分かるように説明します。

 

売り込みやセールスは全体にしませんから安心してお電話下さい。

受け賜り地域 : さいたま市(岩槻区除く)・戸田市・蕨市 


さいたま市.戸田市.蕨市のホームページ制作Webサイト作成
さいたま市.戸田市.蕨市のホームページ制作Webサイト作成